mameブログ

mameという男がやりたい事をやっている記録

mameブログの紹介

■ブログ紹介

mameです。
ブログのカテゴリ紹介をします。

■自己紹介

mame-mame.hatenadiary.com



mameという男の紹介です。


■お勉強

■ソフトウェア

mame-mame.hatenadiary.com

■ハードウェア

mame-mame.hatenadiary.com



仕事が技術系のため、
学んだり復習した内容の記録をしたいと思います。


■ハンドメイド

■作曲活動

mame-mame.hatenadiary.com

■グミ

mame-mame.hatenadiary.com



趣味として色々なアウトプットをしたいです。
当面は絵本とお菓子(グミ)作り。
やりたい事が増えればジャンルを増やします。


■音楽レビュー

THE STROKES

mame-mame.hatenadiary.com



音楽を聴くのが好きです。
特に洋楽が好きで食わず嫌いせず聞くタイプです。
ここではただ好きな作品を好きに語るつもりです。


■読書レビュー

■漫画

mame-mame.hatenadiary.com



読書した内容のレビューです。
自分の備忘録も含めて…。



以上、今後とも何卒宜しくお願い致します。

「エミリー、パリへ行く」を見ました。

■「エミリー、パリへ行く」が面白い

Netflixをよく利用しています。

見るコンテンツは洋画が多いです、バラエティ動画はAmazonPrimeやTVerとかYoutubeにお任せするとしてます。
最近はコロナ禍であまり外に出れない事もあり、映画だけでなくもう少し長尺なドラマも見るようになりました。

今回は
「エミリー、パリへ行く」(原題:Emily in Paris)
を鑑賞しました。

とても面白かったです。
各30分弱、10話しか無いため、すぐに見終わってしまい、シーズン2が楽しみ。
エミリーというアメリカ生まれの女性が、シカゴからフランス・パリに移住し、仕事をします。
仕事やプライベートでフランス文化との違いに触れて、エミリーとのギャップが可笑しかった。

ただ一緒に見ていた妻はそんなに好きではなかったらしい…。
その意見も分かるので、ここに載せておきます。

■「エミリー、パリへ行く」に対する不満点

不満点は、エミリーに対して好感を持てない事に尽きます。

結局このドラマ、エミリーがアメリカ人としてフランスの文化に触れる訳ですが、フランスの文化になじむ訳では無いんですよね…。
仕事場の上司にフランス流を指摘されても「私は私でしょ」という姿勢を最終話まで崩しませんでした。
例えば、このドラマで描かれるフランス人は仕事を人生の第一義とは思っていません。
人生を楽しむ上で無理せず付き合っていくものの1つとして仕事があります。
一方でエミリーは仕事第一主義で、フランス人の主催するパーティで仕事の交渉をどんどん進めていきます。
フランス人としては、パーティでは仕事の話はしたくない、パーティを楽しむものだと考えています。
時には忙しく働きたくない人もエミリーの煽りを受けて仕事が忙しくなってしまいます。

主人公がエミリーな訳ですから、エミリーの仕事の仕方は結局は良い方向に転がります。
なんだか気づいたらクライアントはエミリーを好いていて、職場の人たちもエミリーをなんだかんだ許してしまう、という構図です。
でも、第三者視点から見ていて、
うーん出来レース感があるなぁと、
フィクションである事は重々承知しつつ思ってしまう訳です。

エミリーの仕事が上手くいくのは、
エミリーが業務能力が高いとか、エミリーがエネルギッシュだからだとか、そういうものが主要因には見えず。
どちらかというと「これ、エミリーが若くてキレイな女性だからうまくいったよね」って事が多すぎる。笑
クライアントはエミリーの美貌に惚れて、時にはワンナイトを伴う接待を通して仕事を獲得します。
必ずしもそれだけでは無いですが、全てのクライアント男性がエミリーを交際相手として狙っているため、なんだか枕営業感が否めなくなってしまいます。
なんか行きずりの男性と関係を持ったり、友達の彼氏にも…何か恋愛観も共感できるものではなかったし。。。

あとは、先に述べた内容と似ているのですが、
文化のステレオ感の違和感と、文化の違いに対してこのドラマが伝えたいメッセージが見えない事
も不満点です。
アメリカ人はオラオラ系で、フランス人は排他的、本当にそうなの?って感じます。
またエミリーはフランス文化と自分との相性の悪さを確かに感じましたが、それをアメリカ流で乗り切りました。
となるとこのドラマは、アメリマンセー?がドラマの伝えたいメッセージ?
恐らくはもっとフランクに状況を楽しむドラマなのだと思いますが、国際文化について述べるなら、そこに対してもう少し配慮が欲しいかなぁと思います。

■シーズン2情報

「エミリー、パリへ行く」はシーズン2が予定されています。

エミリーのパリ滞在を延長することで、彼女がこれまで築いた関係をさらに進め、
私たちのカルチャーをより深く掘り下げ、できればフランス語の一つや二つは話せるようになってくれることを願います

という新作メッセージが出ています。
ちょっと気になるのは、このコロナ禍で撮影が進んでいるのかなぁという事。
また、ドラマはこのコロナ禍という状況をシチュエーションに持ち込むのかも気になります。
パリのパーティを華やかに描く事が、このドラマの魅力となっていますが、コロナ禍の状況とはギャップがあります。
一方でエミリーのSNSを使った宣伝手段は、強みが増すとも言えますが。
「これまで築いた関係をさらに進める」という事は、エミリーは友人、友人の彼氏とどう付き合うのかその変化にも気になります。
不満点はいくつもあれど、それを覆すような楽しさがあるため、シーズン2も楽しみです。

ちなみに、、、シーズン2が始まるまでの間は
同じくNetFlixのドラマ「クイーンズ・ギャンビット」を楽しもうと思ってます。笑

Audiostockの売上経過報告と、新曲登録の話

■楽曲の販売、やってます。

過去記事にも述べましたが、細々とDTMをやっています。

mame-mame.hatenadiary.com
mame-mame.hatenadiary.com

Audiostockというサイトで販売をしています。
これまでの販売実績は、

【登録】
6点!
【売上】
合計報酬金額は、、、2273円!!
内訳として、1100円で販売している楽曲が5回売れています。
talkinという曲で4回、Sour Cream And Onionという曲が1回売れました。
また、Audiostockの購入者サービスとしてサブスクもやっているそうです。
サブスクでダウンロードされた回数が3回、全てtalkinという曲で売れています。
1曲辺り1100円で、サイトマージンもひかれるため、まだまだな成績ですが、
置いておくだけで売れていくのは非常に嬉しいです。

■年末、1曲の販売開始!

そして、ダメ元で申請した楽曲がサイト登録できました。
曲名は「Life13」です。

audiostock.jp

自分にとって初めての3分を超える楽曲となります。
またこれまではループ音源ばかりをあげていましたが、曲展開も含めた1曲のインストを登録できました。
私にとって自信作なので、ぜひ色んな方に聴いてみてもらいたいです。

■今年の抱負

今年はこのLife13が1度でも売れるといいなぁと思います。
また、何か歌入りの曲が配信できればなぁ、という自分にとって大きめの夢を上げてみます。

サブスクが縛る

■サブスク、流行ってますね

今年に入って、様々なサブスクリプションサービスに加入してみました。
それまでもAmazon PrimeApple Music、NetFlixは入っていました。
今年はそれに加えて、Hulu、TSUTAYAのコミック定額サービスを始めました。
特にコミック定額サービスについて言いますと、全国のTSUTAYA店舗でも一部だけ対応しています。
月額約1100円(店舗により異なる)で、店舗内のコミックをいつでも、何日間でも借りる事が出来ます。
例えば2泊3日までしか通常借りられない本も、無期限で借りられます。
ただし、新刊はNG。
そして、一度に借りられるのは5冊まで。
先月末からそのサービスを導入してみて、便利にコミックレンタルを使わせてもらってます。

■しかし、良い事ばかりでもない・・・

色々なサブスクサービスに浸ってみて思うのは、昔に比べてフランクに文化に触れられること。
自分みたいに勿体ない症候群の人にとって定額サービスは、見なきゃ損聞かなきゃ損の世界。
使えば使うだけお得感が得られるのはすごく気分が良いです。
これまではお金が掛かる趣味に躊躇していたのですが、月額料金であれば抵抗感が少なく感じます。
どんなサブスクもせいぜい月額数千円ですからね。
ただ、個人的には、だから超幸せ!ではない気がしてきました。
例えば私はこれまで、音楽を聴く事、映画を見る事、漫画を読む事が趣味でした。
一見すると、音楽=Apple Music、映画=Amazon PrimeNetFlix、Hulu、漫画=TSUTAYAコミック定額で、自分の自由は非常に広がったように思います。
これまでCD・DVD屋、本屋で収集していたコンテンツがスマホから検索するだけで良いんですもの。
しかし、以下の点で、むしろ自分が制約を掛けられている気になったんです。

欲しいコンテンツの全てがある訳では無い

もう、これに尽きます。
たとえ複数のサービスに入っていても、見たい映画、聞きたい音楽が必ずしも見つかる訳ではありません。
厄介なことに、これが、無いからと言って諦めがつかないんです。
こういったサブスクサービスはコンテンツが入ったり出たりします。
以前見たかったコンテンツが入っていたのに、いつか見ようと思ったら無くなってしまった。
でもまたいつか入るかもしれないと思うと、CD・DVD屋や本屋で購入する訳にはいかない。
以前の自分は純粋に知りたいコンテンツがあると、少しずつ欲望をかなえるべく購入していました。
しかし現状、サブスクサービスを享受しながら、個別にコンテンツを購入するハードルは以前よりも上がっています。
こうなると自分は自分の趣味に対して愛情が薄くなってしまう感じがします。

コミック定額特有の不満

TSUTAYAコミック定額特有の不満は、↑のコンテンツが無い、だけでないです。
現物を貸し借りする制約があるため、他人が借りていたら店舗に行く分の無駄足が発生します。
実際、人気のコミックに限って借りられてますから、悲しいことになります・・・。
それに新刊は旧冊になるまで読むのを待たないといけない、これはやってみるとかなりストレスでした。
新刊を読みたい場合は購入しなければなりません。
しかし、新刊を購入する事はサブスク導入後は難しくなってしまいました。

■もう少し楽にサブスクを操りたい

自分を縛っているのはサブスクというより、サブスクをやっているから・・・という意識の自分な気がしてきました。
お得には変わりないですからね、もう少し購入もしつつサブスクも利用するという風に楽な気持ちで臨めたらいいなあと思います。
難しいですね。

主観で選ぶ貴ちゃんねるずベスト5

貴ちゃんねるず、好きです

今年、遅ればせながらYoutubeにハマりました。
一般の方があげてるテレビの一コマとかはよく見てましたが、
特定の方をユーザ登録して追っかける、みたいな事ははじめてです。

とんねるず石橋貴明さんの「貴ちゃんねるず」も1本目から継続して見ています。
アップされるのは初めは月・木曜でしたが、最近はもっと高い頻度でアップしてくれてます。

最近見始めた方は新しいものから見るのも良いし、再生回数順に見るのも良いですが、
なんせ大人気チャンネルです、100万回再生を超える動画の数々!
何から見たら良いか迷うと思います。
私が個人的に、好きな動画ベスト5を勝手に紹介させて頂きます。

第5位

小木退院おめでとう!突然快気祝いのジェットコースター(in 浅草花やしき・前編)

小木退院おめでとう!突然快気祝いのジェットコースター(in 浅草花やしき・前編)

第5位は、おぎやはぎ小木さんとのお戯れ笑
ガン治療を経て、貴さんとお祝いに花やしきへ。
事務所や車中での会話が相変わらず最高です。
後編も良いですよ、後編ももう少しで100万回再生、待ち遠しいです(何故)

第4位

スポーツが熱すぎて!杉谷がデシャンボー!?貴ちゃんスポーツニュース2020(2020年8月17日配信編)

スポーツが熱すぎて!杉谷がデシャンボー!?貴ちゃんスポーツニュース2020(2020年8月17日配信編)
貴ちゃんスポーツから選抜です!
貴ちゃんねるずでは毎週月曜日に野球を中心としたスポーツ解説を配信しています。
その詳しい知識と面白解説は好評で、なんと本家サンデースポーツにも特別招待されました。
日本シリーズの第二戦では生配信もしてました。
ペナントレースが終了し、ソフトバンクが優勝したため、ひとまずスポーツ配信は少しお休みらしいです)

この動画を選んだ理由は、私が単純に貴さんの歌うマッチョマンが大好きだからです笑
80万回くらいの再生数ですが、あなどれませんよ。

第3位

【細かすぎて伝わらない芸人】戦力外通告

【細かすぎて伝わらない芸人】戦力外通告!

2020/12/12時点で最新の動画がランクインです!
まだ再生回数は、貴ちゃんねるずの中で中くらいですが、個人的には屈指の名作と言えます。
今日放送された細かすぎて伝わらないモノマネのセルフパロディ
このパロディセンスの高さは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」時代の企画「笑熱大陸」を思い出しました。

笑熱大陸 とんねるずのみなさんのおかげでした


弾丸ジャッキーの2人が話してる姿を見るのもほのぼのしました。
ダイノジ大地っていつもマッチしてますね笑

第2位

飲食業界の為に、石橋が立ち上がる!新企画「東京アラートラン」

飲食業界の為に、石橋が立ち上がる!新企画「東京アラートラン」

名物企画「東京アラートラン」からランクインです。
アラートランは全ての回が名作ですが、笑い方向に振ってる名作はやはり第一弾かと。
この作品が良かったのがこの後のシリーズ、ひいては貴ちゃんねるずの勢いに弾みをつけた気がします。
ありがとう、クズの木・・・笑

第1位

24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION "ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”

24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION "ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”

パンチ力抜群の名作です!!
24時間テレビをパロった24分間テレビ、いつ見ても笑えます。
特に「No ○○ No Life」という名言はTwitterトレンドにも上がりました。
貴さんが笑ってるのを見るとなんだか嬉しくなります笑
堂々の1位です!

それと、外せないコレ

Ku-Wa de MOMPE - "Stranger to the city" MV(※告知有りver)

Ku-Wa de MOMPE(くわとモンペ) - "Stranger to the city" MV (歌詞有りver.)

貴ちゃんねるずから生まれたスーパーユニットです。
プロジェクトが始まって、待ちに待ってアップされたフルバージョン動画です。
じわじわと再生回数が上がって、最近100万回再生を突破した時は嬉しかった。
Stranger to the Cityはもう1本の動画が上がっています。
個人的には↑↑↑の動画を皆さん見てもらって、200万回再生を突破してもらいたいですね★

おわりに

まだ開設1年も立ってない新規チャンネルです。
これからもベスト5はどんどん更新されていく事間違いなし、
継続して見続けたいと思います!

うそ

飛ぶ教室
飛ぶ教室」という雑誌をはじめて買いました。

www.amazon.co.jp

児童文学や絵本、童話を主軸とした雑誌です。
有名な小説のタイトルから雑誌名は取っています。
毎月発売ではないんだとか。
1・4・7・10月の25日らしいです。
1冊1000円、春夏秋冬の季節ごと毎年4冊なら、無理なく購入・続けられていいですね。


■うそ
今号では「うそ」をテーマに、
様々な作家さんのショートストーリーやコラムを掲載しています。

色々な人の観点から「うそ」を考えていくと。
「うそ」の本質とは何だろう、と思いました。

「うそ」=「真実にフタをすること」
かなぁ、と思いつつ、そうでないケースもあるよなぁとも思いました。

親戚におしゃべりが大好きな人がいます。
この人のおしゃべりは確かに人を惹きつけるし、話題が尽きなくて助かる。
でも、帰り道、これは話を盛りすぎてるよ!と思う事もあります。
鳥にランチを食べられた、みたいな話をしてもらったときも、
「こ~んなに大きな鳥」と両手をおもっきり広げていました。
そんな大きな鳥はこの辺りにはいない・・・。

こういう事って真実にフタをするともまた違う。
だって本人にうそをついている意識が無いのだから。
うそって意識してないとうそついた気にならないけど
相手にとっては言った人が意識したかどうかは関係ない。
私が本心で言った事も誰かにとってのうそになっているかもしれない。
私がうそをつかれたと思っていることのどれかには真実が含まれているかもしれない。

うそは分からない。
でも、ほんとうのこととは何か、は「ヨハンネスの沈黙」という、雑誌の中の1つのお話にピンとくるものがあった。
「ほんとうのこととは、ほかの人が、それはうそだといっても、その人にとっては、ほんとうでありつづけること」

部屋を片付けています

■最近

少しずつ仕事での
自分の立ち位置がはっきりしてきたり、
分からない事が分かってきたり、
誰かから何かを頼られるようになると、
嬉しいし、すごく緊張しますね。
まだまだ周りに比べて劣等感が強くて、
その気持ちが自分をもっと頑張ろうという気持ちにさせます。

■部屋の整頓

ミニマリストみたいな片付けをしています。
掘りごたつを収納して、シンクをきれいにして
本棚から一切の本を取り除いて本棚も取り除く
片付けは気分が良いですね、荷が取れる気持ちがします
最近外出が出来ないので、家の中をきれいにするのは有意義です。

「呪怨:呪いの家」の感想

Netflix

私、2年くらい前からNetflixを利用させて頂いています。
他の動画サイトに比べた魅力は、コンテンツの多さオリジナルコンテンツの質の高さでしょうか。
Amazon Primeも入っていて、バラエティ見たいときはPrime、映画やドラマを見たいときはNetflix、みたいに使い分けてます。
寝室のTVは動画サイトに対応してなかったのですが、FireStickを買ってからこちらも快適な生活をしています。

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: エレクトロニクス

Netflixオリジナルコンテンツは海外ものをよく見てきました。
日本のコンテンツで言うと、「愛なき森で叫べ」を見ました。
園子温監督で椎名桔平さん主演の北九州殺人事件をモデルにした大作です。
映画化してても大ヒットしていたのではないかと思うようなクオリティでした。

f:id:mizzzo:20200712164222j:plain

あとは「全裸監督」ですね。こちらも話題作でした、全8話。

f:id:mizzzo:20200712164452j:plain

Netflixはあと話題の韓国ドラマを見る事が出来ます。
私が見ているのは「愛の不時着」、これはまだ見ている最中という所です。

呪怨

そんなオリジナルコンテンツ多彩のNetflix
またやってくれました、というコンテンツが登場。
その名も呪怨:呪いの家」

f:id:mizzzo:20200712165044j:plain

自分はこの間、公開分全6話を鑑賞しました。
はっきり言ってこれまでの呪怨、それだけでなくこれまでのホラー映画と比べても異質です。
が、私はすごく名作に思えました。

監督・キャスト

監督は三宅唱さん。
正直、これまで私は存じ上げませんでした。
しかしこの作品以降この方の作品を掘り下げて追わねばと思っています。
業界ファンには有名な方みたいですね。
そしてキャスト。
荒川良々さんが主演になります。
黒島結菜さん、柄本時生さん、仙道敦子さん、倉科カナさん、といった顔なじみのある役者さん方が脇を揃えます。
この方々は不快感も無いしすごく街並みに「居そう」な人たちなんですね、だからか恐怖感が増します、人選もナイスです。

質感

この映画の怖い所。
それは「質感」これに尽きるのではないかと思いました。

私は失礼ながら、呪怨はチープな映画だと思っていました。
家を中心に起こる怪奇現象は、1作目の時は着想自体に恐怖できたのですが、2作目以降はどんどんと母子の霊がお決まりに感じるようになりました。
家に招かれるパターンもマンネリ化してきた結果、貞子と対決なんて陳腐なコンセプトで戦う伽椰子(母霊です)を見てガッカリした気持ちになったものです。

そんな下がり切った期待の中で見た「呪怨:呪いの家」ですが、今作はいわゆるチープさがありません。
どこかのサイトで「昭和感」という言葉が使われていましたが、その通りかもしれません。
舞台道具、役者の方々の服装、劇中映るテレビの映像や、その場の空気感が全て良い意味で古臭く、その時代を意識して生きてこなかった若い人にとっても「少しだけ昔の日本」という共通観念が味わえるのです。

そして家。
今回は全6話を通して、家に人が不法侵入したり、或いは住んだりします。
住んでる人にとっては普通の住宅な訳ですが、それ以前に起きた悲劇を知っている身からしたら「おいおい、なんでこんな所住むんだよ…」という感想が浮かぶ情景。
それなのに何かリアル…「まぁ、住んでもおかしくないよね、だって物件としては良い感じだし、もし物件の後ろ暗い過去を知っていても、住む可能性もあるよね、だって、、、少し昔の日本はあまり気にしなかったかもしれないし
そんな気持ちになぜかさせてしまう。

今回の呪怨は幽霊的な怖さよりも人間の暴力シーンが多数流れます。
昭和に起きた凄惨な事件をなぞらえて、その事件に似た凶行を取るシーンもあれば、その事件がTVに流れているのを背景に鬱々とした生活を過ごすシーンもあります。
それを見て「あぁなんか昭和って暗かったなぁ」と思ってしまう訳です、やはり妙なリアルさ、というより我々が思い出す昭和感を上手にすくってくれるんですね。

特徴的なのが前述した母子の幽霊が今までのようなポップな形で出てこない部分です。
その代わり、ジャパニーズホラー的な背後にすっといるとか、声がする、足をする音がする、とか恐怖をかき立てる出方をしてきます。
また恐怖が生んだ(?)登場人物のフラッシュバックも重なり、何が現実・何が非現実かわからない空間が家を中心に生まれます。
この6話、続きが出てもおかしくありません。
何が怖かったかと言ったら、質感が怖かった。
だから不思議と見終わった後にトイレも行ける。
でも間違いなく怖い。
不思議ですね。


おすすめです